COMMUNITY HEALTH NURSING COURSE

専攻科 (地域看護学専攻)

看護師から1年間で保健師を目指す

  • 全日制1年課程
  • 男女共学
  • 定員40名

専攻科(地域看護学専攻)では、卒業後に保健師として従事することを前提に、地域・企業・学校などの活動の場において、あらゆる世代やあらゆる健康レベルの個 人、家族、さらに集団、組織を対象とした公衆衛生看護活動を展開できる人材育成を目指します。

学びのポイント

POINTS OF LEARNING

第一線で活躍する
ゲストスピーカーによる講義

公衆衛生看護に関わる第一線の医師や当事者など、多方面で活躍されるゲストスピ-カーを招き講義を実施。内容が豊富な1年制カリキュラムです。

視野を広げ、将来につながる
資格・講座をプラスα

国家試験対策、公務員試験対策はもちろん、メンタルヘルス・マネジメント®検定試験対策講座※3やゲートキーパー養成講座、認知症サポーター養成講座など多数実施しています。

STUDENT DATA

数字で見る第一看護学科

専攻科の就職率

2020年度実績

97.4 %
保健師としての
就職率
86.8 %

※ 卒業生のうち、
国家試験不合格者、進学者、就職意志のない者を除く

学生の男女比

2021年4月時点

95 %
女性
5 %
男性

学生の年代比

2021年4月時点

35 %
21歳
22.5 %
26-29歳
17.5 %
23-25歳
10 %
22歳
10 %
20歳
5 %
30歳以上

検定試験の合格率

メンタルヘルス・マネジメント検定 2020年度実績

II種84.4 %
27人/32人
III種 100 %
29人/29人

学生の出身地比率

2021年4月時点

50 %
近畿
17.5 %
中国
12.5 %
東日本
10 %
九州
5 %
四国
5 %
東海

アルバイト比率

2019年3月時点

56.4 %
している
43.6 %
していない

取得可能資格

QUALIFICATIONS THAT CAN BE OBTAINED

実習に力を入れた1年制カリキュラム

実習は通常5単位のところを7単位設けています。
地域保健実習、学校保健実習、産業保健実習など充実のカリキュラムです。

保健師
(国家試験受験資格)

保健師資格は、厚生労働大臣が発行する国家資格です。保健師の活動の場は、都道府県・市町村等の保健所・保健センター等で保健行政に従事する行政保健師、企業の産業保健スタッフとして勤務する産業保健師、学校等で学生と教職員の心身の健康保持に努める学校保健師などさまざまです。

働く場所

保健所、保健センター、企業などの健康管理室、病院・健診機関、保健師の教育機関など

第一種衛生管理者 ※1

働く人の健康管理や作業環境の管理を行う国家資格で、第一種免許取得者は全ての業種の事業場において衛生管理者となることができます。

養護教諭二種免許 ※1※2

養護教諭とはいわゆる保健室の先生です。特定の科目を履修することで、保健師免許取得後、教育委員会に申請し、取得することができます。

メンタルヘルス・マネジメント®
検定試験Ⅱ種・Ⅲ種 ※3

働く人の心の健康管理(メンタルヘルス・マネジメント®※3)に関する知識や対処方法を習得します。

※1 保健師免許取得後、別途申請が必要。 ※2 所定単位の修得が必要。 ※3 メンタルヘルス・マネジメントⓇは、大阪商工会議所の登録商標です。

学士(看護学)の学位が取得可能

一定の条件※4を満たすことで、
4年制大学の看護学科卒業時に相当する学位「学士(看護学)」が取得できます。

※4 独立行政法人 大学改革支援・学位授与機構の申請条件を満たし、且つ所定の単位を取得し、機構での審査に合格した者に限ります。

在学生の声

STUDENT VOICE

Student
Voice

学びながら未来の扉を開ける。
夢に向かって懸命になれる1年間です。

学士認定が取得できることに魅力を感じました。

看護学生時代に予防医学の大切さを学び、いろんな人の暮らしを健康面から支えたいと思い保健師になることを決めました。藍野大学短期大学部の専攻科は、1年で保健師を目指せることに加え、学士(看護学)が取得できる点に惹かれました。実習に就職活動、国試の勉強など盛り沢山な1年間ですが、支え合う仲間がいるから大丈夫。専門的な学習内容も、先生方がわかりやすい授業を実施してくださるので安心して学べます。2020度はコロナ禍でリモート授業もありましたが、国家試験対策や公務員試験対策講座は動画であることを生かし、苦手分野をとことん復習できたことも良かったです。

クラスメイトは各地から集まっていて、年代も幅広いので刺激があって楽しいです。私は寮に入っており、寮仲間でごはんを食べたり勉強したりする時間も特別な思い出になりました。卒業後は、市町村保健師として住民のニーズに合った活動を展開していくことが目標です。さまざまな場所で活躍する保健師のお話を授業で聞けたことで、目指す姿がはっきりしました。地域の人々の暮らしに寄り添い、信頼される保健師になれるようこれからも頑張ります。

多久市役所 内定(2021年3月時点)

野上さん(嬉野医療センター附属看護学校出身)

カリキュラム

CURRICULUM

より専門的な看護学を修得し、あらゆる世代を対象に、公衆衛生看護活動での活躍を目指します。

学校、産業、在宅の3つの分野での地域看護の体験が可能。小学校や地域保健センター・企業の健康管理室・家庭訪問など、さまざまなフィールドでの実践に即した実習により、保健師としての能力を養います。

  • 基礎分野
  • 専門基礎分野
  • 専門分野

1 年間で保健師国家資格の
取得を目指す。

公衆衛生看護学をはじめ、疫学、保健統計、保健医療福祉行政論など、
保健師として必要な知識を1 年間で学べるカリキュラムです。

  • 歯科保健論
  • 保健栄養論
  • 運動指導論
  • 日本国憲法
  • 運動学演習
  • 英語コミュニケーション I・II
  • 情報管理論
  • 疫学
  • 保健統計学
  • 保健医療福祉行政論 I・II
  • 公衆衛生看護学概論 I・II
  • 公衆衛生看護管理論
  • 公衆衛生看護活動展開論 I・II
  • 家族相談援助論
  • 在宅看護論
  • 公衆衛生看護実習 I~III
  • 健康教育論 I・II
  • 母子保健指導
  • 成人保健指導
  • 高齢者保健指導
  • 地域精神保健
  • 学校保健指導
  • 産業保健指導
  • 公衆衛生看護研究
  • 環境保健論

PICK UP

公衆衛生看護領域に関する基礎から実践的な実習まで、
専門的な知識と技術を修得します。

実習

公衆衛生看護実習 I

  • 期間…
    6月上旬~11月上旬(月1回継続)

個人の自宅や高齢者施設、障がい者のグループホーム等、地域で暮らす人々への継続的な家庭訪問を行います。この訪問をとおして、個人・家族・地域の実際を知り、健康についての理解を深めるとともに地域における保健師の役割を学びます。

実習

公衆衛生看護実習 II

  • 期間…
    6月下旬(前期5日間)
    9月下旬~10月中旬(後期15日間)

公衆衛生看護の活動拠点である保健所や市町村保健センターで、地域住民への保健師活動を学びます。前期実習ではオリエンテーションや地区踏査を行 い、後期実習では実際の事業や訪問活動に参加します。短期間の実習をより効果的に行うために事前学習が重要です。

実習

公衆衛生看護実習 III

  • 期間…
    10月下旬~11月下旬(6日間)

学校や職域、在宅における医療や福祉の場で実習を行い、さまざまな活動の場での保健師活動について学びます。それぞれの公衆衛生看護活動に関する根拠法令や課題について、事前学習を行い実習に臨みます。

研究

公衆衛生看護研究

保健師として就職してからも自分たちの活動を常に振り返り、見直すという研究活動が必要です。授業では、公衆衛生看護の分野で自分が知りたいテーマについて探求し、年末には論文を仕上げ、研究発表会で報告します。

研修

課外研修

介護・福祉・健康関連の常設展示場で介護用品の見学や体験を行います。車椅子試乗や高齢者体験などを行い、小さな段差を乗り越えることやスピード調整が容易ではないことを実際に体感して学びます。

授業

公衆衛生看護管理論

公衆衛生看護活動の基本となる地区把握、地区診断、公衆衛生看護活動計画、評価についての一連の過程を学びます。個から集団、集団から地域と対象を捉え、具体的な公衆衛生看護活動について考えることを目的とします。

授業

健康教育論 I

健康教育は、住民や対象となる人々の健康の保持・増進を目的として行われる保健活動です。授業では方法等について学んだ上で、グループで計画書、シナリオ、媒体を作成して学内で演習を行います。

授業

家族相談援助論

家族の健康に焦点を当て、相談援助技術を学びます。講義形式の座学授業だけではなく、グループワークやロールプレイをとおして家族の持つ機能や役割を理解し、地域保健活動に必要なスキルを修得します。

授業

母子保健指導

母子保健の歴史的変遷や母子保健活動の現状、乳幼児の成長・発達、母性各期の生活や保健指導等を学びます。また、講義テーマ内で地域保健活動について保健師の役割を考え、演習でより実践的な学びを深めます。

対策講座

COURSE

万全な対策講座

即戦力となる保健師を目指すための万全な対策を整えています。
そして、将来の視野を広げるプラスαとなる各種講座を実施しています。

国家試験対策
  • 期間…
    5月中旬~翌年2月上旬

保健師国家試験対策の専門講師による講座。試験傾向の変化に対応した対策など、個人学習ではカバーしづらい部分をしっかりとサポートします。また、過去問題や模擬試験問題を複数回実施し、きめ細かな解答解説を行うことで合格へと導きます。

公務員試験対策講座
  • 期間…
    4月下旬~5月下旬(18回)

独学では難しい「エントリーシート」「面接」「集団討論」などの対策や、出題頻度が高い科目に的を絞った講座で、効率的に難関試験突破を目指します。2020年度はオンラインで実施しました。

  • 科目

    数的処理/社会科学/自然科学/論作文対策/エントリーシート対策/面接対策/ 集団討論対策/文章理解/人文科学/時事対策

  • 費用

    無料 ※テキスト代は別途必要

  • 受講人数

    39名(2019年度実績)
    ※主に行政保健師希望者

メンタルヘルス・マネジメント®
検定試験対策講座
  • 期間…
    2月下旬(1日集中)

産業保健師として現場で働くときに、対象者(患者)の心の状態を理解するためにも役立つ知識・スキルとなります。本学の学生は団体受験のため受験料も一般受験に比べて安く、さらに学内受験が可能です。

  • メンタルヘルス・マネジメント®は大阪商工会議所の登録商標です。
ゲートキーパー養成講座
  • 期間…
    2月下旬(1日集中)

今後、行政保健師や産業保健師として活動する本学の学生に対し、自殺予防のゲートキーパーとしてのスキルを身につけることで、地域における自殺予防の取り組みをより一層高めていくことを目的としています。

4年制大学卒業と同等の学位が取得可能

「独立行政法人 大学改革支援・学位授与機構」の定める基礎資格を有する学生は、所定の単位を修得し、レポート試験等の審査に合格すれば4年制大学卒業と同等の学位である「学士(看護学)」を取得できます。3年制短期大学や専門学校を卒業した方などが更なるスキルアップとして本学で学習し、資格と同時に学士の学位も取得しています。

  • 基礎資格を有する学生であっても、本学1年間の修了だけでは申請できない場合があります。卒業後、放送大学などで追加単位の修得が必要です。
    必ず独立行政法人 大学改革支援・学位授与機構のホームページを確認してください。

年2回申請可能

  • 在学中(10月申請)
  • 修了後(4月申請)

学位取得希望者率
(2019年度実績)

100% ※学士既取得者・対象外者を除く

基礎資格の
有無を確認

単位取得要件の
確認・必要
単位の取得

学修成果を作成

専攻に即した
レポートを作成

学位授与機構に
学位授与の申請

試験を受験する

学修成果(レポート)
提出者は
小論文試験を受験

審査・合否判定

卒業生メッセージ

GRADUATE MESSAGE

地域とつながる
専攻科での実習が、
働く上での自信になった。

専攻科で身につけた対話力を糧に、
お母さんたちにもっと笑顔を届けたい。

私が保健師を目指したのは母から出生時の話を聞いたことがきっかけでした。私は双子として生まれ、産前は切迫早産などのリスク、産後も育児などの多くの不安を母は抱えていた時に、保健師さんに心身ともに支え励ましてもらい、元気をもらえたと聞きました。私も子どもを育てるお母さんたちに寄り添える仕事がしたいと思い保健師を目指しました。

専攻科の魅力は、子育てサロンだっこなど授業以外でも地域の方と関わりがあり、つながる大切さを学ぶことができる点です。特に印象深かったのが、公衆衛生看護実習Ⅱで実施した母親教室での沐浴指導。どうすれば楽しんでいただけるのか、内容が伝わるのかなどメンバーで何度も意見を出し合い、先生方にアドバイスしてもらいながら準備しました。当日、楽しそうに体験されるお母さんたちの姿を見てとても嬉しかったです。公衆衛生看護学実習Ⅰで実施した月1回のご自宅訪問も、地域の方のいろいろな生の声を聞けるのでとても楽しみでした。専攻科の学生は年齢も出身地域もさまざまでしたが、和気あいあいとした雰囲気で先生も親身になってくださる方ばかり。就職活動は公務員試験対策講座に参加し、自身でも積極的に情報収集をするなどして就職を実現するためにしっかりと行動をしました。

今は京都府内の保健福祉センターに勤務し、地区担当を持ちながら、主に母子保健事業に携わっています。専攻科で学んだことが特に活きていると感じるのは、住民の皆さんと接する時。対話の中で「実践的な実習を経験したおかげだな」と思う瞬間がたびたびあり、やりがいと充実感につながっています。これから多くの経験を積んで、もっと寄り添った支援ができるように成長していきたいです。

京丹波町瑞穂保健福祉センター勤務
保健師

栗原さん
2020年卒業

WORK MEMO

先生の言葉を胸に刻んで

チームで仕事をする中、在学中に先生がおっしゃった「保健師として一緒に働きたいと思われる人になってほしい」という言葉の大切さを噛みしめています。

関わった人々の笑顔がやりがい

赤ちゃん訪問で伺った家庭のお子さんが成長されている姿を見ると、とても嬉しくなります。時には顔見知りになったお母さんから声をかけていただくことも。

後輩へメッセージ

MESSAGE TO JUNIORS

保健師は人を支える仕事ですが、まず大切なのがお話を聴く姿勢と学ぶ姿勢だと思います。特に私はまだ経験も浅く、育児や介護の経験がないので、地域の方のお話や先輩保健師の体験など聴くこと全てが学びです。知識の積み重ねと同じくらい、コミュニケーションの大切さを心に留めて頑張っていただきたいです。

教員メッセージ

TEACHER MESSAGE

将来、保健師を目指す皆さんへ

本学専攻科では、看護で培った学びを基礎として公衆衛生看護領域について講義、実習、研究を通して学びを深めていきます。さまざまな地域、出身学校、人生経験を有した人たちで構成されているからこそ、学生生活そのものも人生の貴重な学びの場となることでしょう。授業では、通常の講義以外に、地域で暮らす障害のある方や第一線で活躍している専門職の方などを招くなど、保健師としての実践力を養うための充実したカリキュラムを組んでいます。また、地域の親子を対象にした子育てサロンの開催やメンタルヘルス・マネジメント検定試験等、将来保健師として働くうえで役立つ知識や技術を修得する機会を設定しています。2020年度は新型コロナウイルス感染症の影響を受けて、やむを得ず変更せざるをえなかった実習や講座などもありました。そのなかで、学生たちは保健師になりたいという目標に向かって、自らを奮い立たせ、今目の前にある状況を受け止めながら、一年間学び続けることができました。このように社会情勢などをみて、物事を客観的に見極めること、そして保健師としての役割を考えつつ、地域の人たちに寄り添える、そんな保健師になってもらいたいとの思いをもって私たち教員一同が全力でバックアップしていきます。

北本 さゆり(専攻科主任・准教授)