Message from the President

学長メッセージ

Message from the President

佐々木 惠雲(藍野大学短期大学部 学長)

身体だけでなく
心をも癒やす
医療を目指して。

佐々木 惠雲(藍野大学短期大学部 学長)

Eun Sasaki

滋賀県出身。大阪医科大学医学部医学科卒業、大阪医科大学第一内科入局、大阪第二警察病院医員、大阪医科大学第一内科助手、西本願寺健康管理センターあそか診療所所長、藍野大学短期大学部第一看護学科学科長を歴任し、藍野大学短期大学部学長に就任。

Message from the President

いのちと健康を支えることに
喜びを感じる、
質の高い医療人を育てます。

急激に高齢社会が進行する中で、医療・福祉の現場において看護師、保健師が果たすべき役割はますます大きくなっています。本学では教育理念として“Saluti et Solatio Aegrorum”『病める人々を医やすばかりでなく慰めるために』を掲げています。すなわち身体的治療のみならず、患者さんに寄り添い、患者さんが真に安心することができるケアを提供できる医療人を育成することを目指しております。

藍野大学短期大学部では、看護師養成コースとして准看護師を対象とする第一看護学科(2年課程)と高校卒業者を対象とする第二看護学科(3年課程)および保健師養成コースとして専攻科(1年課程)を設けております。 看護師、保健師を目指す熱意のある人の入学を期待しております。

教育目標

看護師は、医師による診断を基に患者が患う病の治癒を支援するのみならず、生活習慣の改善を促す重要な役割があります。これは、個々の患者の身近にいる看護師こそができる役割であり、医師ができることではありません。看護教育とは、医療を施すだけの人を送り出すのであってはならず、患者の共感を得て病の治癒の支援ができる人材を育成することにあります。そのために、医療や看護について十分な知識を持つことはもとより、患者に寄り添い共感を得ることができるように十分な教養をもつ学生を教育します。さらに、病に罹らない社会・生活環境を整える手立てを考え、実行する能力を持った人材を育てます。