Admission Policy

アドミッションポリシー

Admission Policy

本学では、入学を希望する方に対し、本学が望む資質を示すため、次のように入学者の受入れ方針(アドミッション・ポリシー)を定めています。

大阪富田林キャンパス

Osaka Tondabayashi Campus

01藍野大学短期大学部 第二看護学科で求める学生像

第二看護学科では、看護に関しての専門的知識と技術の修得、生命の尊厳を基盤とする倫理観、豊かな人間力を養い、ヒューマンケアを中核としたより実践的な看護の知識・技能の修得を図り、チーム医療の中で看護の役割を果たすことができる人材育成を目指します。
カリキュラム・ポリシー(教育課程編成・実施の方針)に定める教育を通じて、ディプロマ・ポリシー(卒業認定・学位授与の方針)に定める学修の成果をあげるために必要な知識・技能や能力、目的意識・意欲等を備えた人を求めます。

  • (1)
    高等学校の教育課程を幅広く修得し、看護学を学ぶために基礎的な知識(国語の読解力や言語運用能力、数学の計算能力、科学的素養)や理解力を身につけている。《知識・技能》
  • (2)
    相手と気持ちを分かち合い、人の痛みがわかる感性を持ち、かつ自分の意見を発信して、人との関係を大切にできる。《思考力・判断力・表現力》
  • (3)
    人や看護に関心を持ち、責任感や協調性を持って明確な目標に対しての実現に努力を惜しまず、主体的に挑戦し最後までやり遂げようとする意欲がある。《主体性を持って多様な人々と協働して学ぶ態度》

02藍野大学短期大学部 第二看護学科 入学者選抜の基本方針

第二看護学科の選抜試験では、「アドミッション・ポリシー(入学者受入れの方針)」に基づき、「学力の3要素」である①「知識・技能」、②「思考力・判断力・表現力」および③「主体性を持って多様な人々と協働して学ぶ態度」を多面的・総合的に評価を行います。

  • (1)
    一般選抜入試では、入学後に必要な基礎学力を有する生徒を選抜するために、小論文や個別学力試験、面接、出願書類等によって総合的に評価します。この入学試験では、学力の3要素のうち、①②に重点を置いて判定します。
  • (2)
    学校推薦型選抜入試では、学校長から推薦され、入学を強く希望する学修意欲の高い生徒を選抜すべく、小論文、面接、出願書類等にもとづいて総合的に学力の3要素を評価します。また知識・技能の観点から、高等学校での学習成績を調査書の「全体の学習成績の状況」により評価します。この入学試験では、学力の3要素のうち、②に重点を置いて判定します。
  • (3)
    総合型選抜入試(高大接続基礎能力、アクティブ・ラーニング)では、講義等理解力試験や受講態度、プレゼンテーション・面接、出題書類等によって、能力・意欲・適性等を多面的・総合的に見ることで学力の3要素を評価します。この入学試験では、学力の3要素のうち、②③に重点を置いて判定します。
  • (4)
    社会人選抜入試では、小論文、面接、出願書類等で能力・意欲・適性等を多面的・総合的に見ることで学力の3要素を評価します。この入学試験では、学力の3要素のうち、②③に重点を置いて判定します。