TUITION / SCHOLARSHIP

学費・奨学金

学費

TUITION

第一看護学科

入学金 授業料 実験実習費 教育充実費 合計
初年度 250,000円 760,000円 340,000円 100,000円 1,450,000円
次年度以降 - 760,000円 340,000円 100,000円 1,200,000円
2年間で合計2,650,000円
  • 第一看護学科は、その他、指定教科書代、実習着代、日本看護学校協議会共済会総合補償制度「Will」等の諸経費として、学費以外の個人負担が約25 万円必要です。詳しくは入学手続き完了者に別途案内します。

専攻科(地域看護学専攻)

入学金 授業料 実験実習費 合計
400,000円 850,000円 400,000円 1,650,000円
  • 専攻科(地域看護学専攻)は、その他、指定教科書代、日本看護学校協議会共済会総合補償制度「Will」等の諸経費として、学費以外の個人負担が約10 万円必要です。詳しくは入学手続き完了者に別途案内します。

[初年度学費納入について]

本学では、授業料のみ前期・後期に分けて納入(分割納入)が可能です。ただし、やむを得ない事情により入学手続き締切日までに授業料等の学費が納入できない場合は、個別にご相談のうえ入学金[第一看護学科は250,000 円、専攻科(地域看護学専攻)は400,000 円]の納入と「学費延納願」を合わせた入学手続き書類を提出することで、納入期限を延長することができます。

奨学金

SCHOLARSHIP

学びたい意欲を応援する奨学金制度

本学では、学生が経済的な不安なく意欲的に学業に専念できるよう、公的奨学金やグループ病院・その他病院奨学金制度、入学後の修学サポートなどの給付金制度をご用意しています。

  • 2021年4月末時点の掲載内容となりますので、ご了承ください。

日本政策金融公庫(国の教育ローン)

日本政策金融公庫では、入学時や在学中に必要となる資金を融資する制度があります。
融資金額は、学生一人に対し350万円以内、返済期間は15年です。

収入基準、借入金の有無などの条件、審査があります。

詳しい内容については、日本政策金融公庫のホームページ及び教育ローンコールセンター:0570-008-656(ナビダイヤル)、03-5321-8656(ナビダイヤルが利用できない場合)までお問い合わせください。

日本学生支援機構

日本学生支援機構は、学業に優れた学生で経済的理由により修学困難な者に学費を貸与し、学生が自立して学べるよう奨学金の充実を図っています。
第一種(無利子)・第二種(有利子)の2種類があります。

第一種奨学金(無利子貸与)
貸与額
(希望する額を選択)
自宅 2万円から5万3千円までの1万円単位の金額の中から選択
(※ただし5万円は選択不可)
自宅外 2万円から6万円までの1万円単位の金額の中から選択
貸与始期 4月
申込資格
(いずれかに該当)
  • 高等学校または専修学校高等課程最終2か年の成績の平均が3.5以上であること。
  • 高等学校卒業程度認定試験合格者であること。
第二種奨学金(有利子貸与)
貸与額
(希望する額を選択)
2万円から12万円までの1万円単位の金額の中から選択
貸与始期 4月~9月の希望する月
申込資格
(いずれかに該当)
  • 出身学校または在籍する学校における成績が平均水準以上と認められること。
  • 特定の分野において特に優れた資質能力を有すると認められること。
  • 学修に意欲があり、学業を確実に修了できる見込みがあると認められること。
  • 高等学校卒業程度認定試験合格者で、上記のいずれかに準ずると認められること。
入学時特別増額貸与奨学金
貸与額
(希望する額を選択)
10万円、20万円、30万円、40万円、50万円
貸与始期 奨学金の初回振込時
申込資格
(いずれかに該当)
  • 第一種奨学金又は第二種奨学金の申込者に限ります。入学時特別増額貸与奨学金のみの申込みはできません。
  • 奨学金申請時の家計基準における認定所得金額が0(ゼロ)評価、もしくは「国の教育ローン」の貸付を受ける事ができなかった場合(提出書類要)に申込みができます。

01募集について

入学後4月に説明会を開催します。入学後に日程をお知らせします。

02奨学金の継続手続

奨学生は12月から2月に「奨学金継続願」をインターネットにて日本学生支援機構に提出しなくてはなりません。学校から提出期限を連絡いたします。
なお、提出期限内に「継続願」を提出しない場合は、奨学生の資格を失うことになります。

03異動の届出

退学、休学、辞退の異動があった場合、あるいは銀行口座、住所等の変更があった場合は、速やかに事務センターまで届け出て下さい。

04奨学金の返還

満期、辞退等で奨学金の貸与が終了した場合は、返還に関する書類を事務室に提出し、所定の方法で奨学金を返還しなければなりません。
高等学校で日本学生支援機構の奨学生であった学生は、入学後「在学届」を提出して下さい。
詳しい内容や手続きについては 日本学生支援機構 のホームページを参考にしてください。

提携教育ローン「悠裕プラン」

株式会社ジャックスと提携した、入学金、授業料のお支払いにご利用いただける、提携教育ローンです。

■ 特徴

  • 金利は長期固定の「元金据置型学費ローン」です。お支払いも最長120回(10年間)の分割が可能ですので、無理のない返済計画が立てられます。
  • 提携教育ローンですので、保証料や印紙代等の金利以外のご負担はございません。
  • 原則、お電話とお申込書類の郵送だけでお申込みいただけますので、お忙しい方にも便利です。
  • 一部繰り上げ返済のご利用で、「お支払い期間の短縮」または「月々のお支払い金額の軽減」が可能です。
  • 借入金は、株式会社ジャックスから学校指定の口座に直接振り込まれます。

【お問い合わせ先】

株式会社ジャックス コンシュマーデスク
TEL 0120-338-817

  • ご相談の際は「学校法人藍野大学提携教育ローンの利用」とお伝えください。
  • 事務センターにもパンフレットを用意しております。ご希望の方は、窓口までお越しください。

地方自治体の奨学金

地方公共団体の奨学金は、地方自治体の教育委員会や法人組織が募集する貸与奨学金で、卒業後一定期間内に返済することになっています。各都道府県等がその地方の出身者を対象に行っているもので、無利子のところが多く、学生にとって利点の多い奨学金です。多くの奨学金が一度採用されると卒業時まで継続的に支給されます。
また、父母の居住する都道府県・市区町村で募集する奨学金もあるので、希望される場合は、都道府県等の教育委員会などに詳細をお問い合わせください。

高等教育の修学支援新制度

藍野大学短期大学部は「高等教育の修学支援新制度」の対象機関となっています。機関要件の確認を受けた対象校に入学する新入生や在学生を対象に日本学生支援機構が実施する給付型奨学金の支給や授業料及び、入学金の減免措置が行われます。詳しい内容や手続きについては、文部科学省のホームページをご覧ください。

社会人を対象とした給付金

教育訓練給付金制度

■ 専門実践教育訓練給付金制度 [専攻科(地域看護学専攻)]
  • 2022年4月以降の内容は、現在申請中です。2022年1月下旬頃にお知らせを予定しております。

厚生労働大臣が指定する教育訓練講座を受講し、一定要件を満たした方に対して、教育訓練施設に支払った経費の一部を支給する制度です。
雇用保険の加入期間など一定の条件を満たした方を対象として、受講者が支払った教育訓練経費のうち、50%(年間上限40万円)を支給されます。さらに受講修了日の翌日から一年以内に資格等を取得し、一般被保険者として雇用された方、または雇用されている場合は20%(合計70% 年間上限56万円)追加支給されます。

<受給資格確認申請(受講前の手続き)>

原則として4月1日の1か月前までに、受講者本人が居住所を管轄するハローワークにて、各自お手続きください。

専門実践教育訓練明示書(2022年3月31日まで)

<支給申請>

入学後、6か月ごとに居住所を管轄するハローワークで受講者本人が支給申請を行います。支給申請には、短期大学部が発行又は配布する領収書、受講証明書、申請書等の書類が必要です。

  • 短期大学部より発行される書類は数週間かかる場合があります。
  • 支給対象者条件や申請方法等については、ハローワークの「専門実践教育訓練の教育訓練支援給付金の支給申請手続について」をご参照ください。

関連法人奨学金制度(第一看護学科のみ)

関連法人である医療法人恒昭会及び医療法人恭昭会では学生支援の一環とし、在学時の学費(授業料等)を一部または全額貸与され、卒業後指定された期間をその貸与先病院や関連機関等で就労すれば貸与額の返済が免除される奨学金制度がございます。その他病院奨学金制度の詳細は、大学案内などの資料に同封する冊子「奨学金のご案内」をご覧ください。